ちゃんなの徒然草

新米ママの日常記

出産レポ②

朝5時頃ナースさんが来る。

 

寝られたー?と聞かれるも、寝られませんでした…と答える私。

 

NSTをつけられる。

 

心拍が聞こえる。

この機械付けているときはなんか安心します。

赤ちゃんの心拍ちゃんとあるよーってわかるから。

異常がなかったのかしばらくしたら終了。

 

陣痛は結構痛い。

 

7分間隔くらい。

まだ間にLINEをする余裕はある。

 

 

内診で子宮口はまだ開かず、赤ちゃんも下がっていない。

まだ効果的な陣痛じゃないんだよって助産師さんに言われる。

 

こんなに痛いのに効果的な陣痛じゃないって一体どういうことや!

 

そのまま苦しみながら9時頃。

陣痛室に移動させられる。

 

今度はずっとNSTをつけていた。

痛くても息は止めないでねー赤ちゃんも苦しくなっちゃうからねーって言われたのでなるべく息を大きく吸うように気をつける。

 

その時点では子宮口がちょっと開き始めた模様。

このまま子宮口が広がって、赤ちゃんが下がって来たら自然分娩いけるかも!と、助産師さんに言われるも、昨夜から一睡もしてない私は精神的にも身体的にも疲れていて、一刻も早く切ってくれーーーー!と思っていたのでした。

 

 

13時まで…13時までにどうなっているかで判断…あと…4時間…

 

 

時計を睨みながら陣痛カウンターを回す私。

まだ7分間隔くらいだが痛みがどんどん増して来ていた。

 

 

夫が11時ぐらいに来る。

陣痛室で過ごす。特にすることもないので眠そうである。

繰り返すが、彼に出来ることは何もないのである。

昨日夜叩き起こしてしまったし、仕方ないと思うも少しイラっとする私。

 

そうこうしてるうちに12時過ぎ頃。

陣痛が5分間隔になる。痛みものたうち回る程度に痛い。

陣痛カウンターもそこで終わっているのでもうiPhoneを触れないくらい余裕がなくなっていた。

 

 

子宮口の状態をチェックした担当の助産師さんが夫と私に説明。

このまま陣痛来てるのに、切っちゃうのはもったいないと思うと言われる。

 

ちゃんなさん的にはどっちがいい?と聞かれるも、答えが出せなかった。

羊水が少し濁っているとも言われてしまったのでそれも頭の片隅で心配の種になっていたし。

 

 

 

しばらくして別の助産師さんが院長先生と相談して来たようで自然分娩の方向でチャレンジして、狭骨盤が問題になったらすぐ帝王切開に移行できる様にしますとのこと。

 

なので13時から帝王切開の予定だったけど、2件目に回してその間子宮口が開くのを待つとのこと。

陣痛来てるし子宮口開いてるから狭骨盤で帝王切開するって理由がなくなっちゃったんだよ〜って説明を受けたけど納得出来ない。

 

 

担当の助産師さんは、私は難しいと思うんだけどね…無理なら帝王切開するから!と言ってくれた。

 

13時まで耐えたら切ってもらえると思ってた私は絶望。

 

あと2時間?無理無理無理!!!!

痛くて死んでしまうよ!!!

 

しかも陣痛促進剤と、緊急手術の準備用で抗生剤を点滴される。

 

抗生剤が入った瞬間すごく気持ち悪くなるが、なんとか堪える。

昨日から飲み食いしてなかったのはこのためか…と思った。

 

陣痛促進剤が入ったからか、陣痛はさらに痛みを増し、間隔も狭まって来たのであった。

 

 

時刻は14時頃。隣の手術室から和気藹々とした雰囲気を感じる。局部麻酔だからお話が出来るらしい。

 

 

何にもトラブルのない穏やかな手術中ってこんな感じなんだ…と痛みの中でうっすら思っていた。

そしてついに歓声と赤ちゃんの産声が。

 

お隣さんが生まれたみたいだ。

 

その時2分間隔の陣痛が来ていた私。手術中は誰も様子を見に来てくれていない。

 

 

もーーー無理!我慢出来ない!!

もーー私だって痛いのにーーー!!!

 

 

そう思った瞬間、叫び声が出るほどの痛みの陣痛が来た。

 

 

手術終わったみたいだしもういいだろ!!!私は充分我慢したよ!!!

 

 

ナースコール押して!と夫に頼むと、壁にあるよ、押しなよって言う。

 

 

それが出来ねーから押せって言ったんだろ!!!!!と思うも、必死に押して!!!って頼む。

 

なんか、お腹が痛いって言ってるんですけど…

 

なんじゃその他人事感!笑

 

 

確かに、彼は全く痛くないのである。仕方ないことである。

 

 

担当の助産師さんを連れて来るねって言われて待つ。

 

 

それがとても長く感じた。

 

 

ようやく助産師さんが来て子宮口をチェック。

 

よし、分娩室行こう!

 

と連れて行かれる。

 

痛みに耐えつつ点滴にしがみつくようにして分娩室へ。

 

呻きながら分娩台に登るのであった…。