ちゃんなの徒然草

新米ママの日常記

出産レポ③

ついに分娩台。

 

 

痛みでまともに歩けず、這うようにしてそこまで登る。

レバーを握らされ、陣痛に合わせていきむが出ない。

 

助産師さんがアドバイスをくれる。

 

 

声出さないで!背中を浮かせないで上にいきんで!!!

 

的確で具体的である。とてもわかりやすかった。

 

頭来てるよ!!!がんばれ!!

と応援される。

 

 

ナースさんがパックの緑茶を飲ませてくれる。

昨日夜から飲んでなかったからめちゃくちゃ美味しい。

 

ジュースにしよか!とナースさん。

夫に買いに行かせてもらった。

 

 

あ!紙パックの方がいいんだけどわかるかな?!とナースさん。

 

多分わかんないだろうな…と頭の中で思ったが余裕がなくて答えられなかった。

 

そして彼はやはりペットボトルのりんごジュースを買って来たのであった。

 

 

助産師さんもナースさんも、

だよねー😅

って感じで苦笑い。でもそこはプロ。緑茶のストロー流用で飲ませてくれた。

 

そして久しぶりの糖分!!エネルギーになった気がする。

 

必死にいきむ。頭が出かかってる気がするが出ない。

そら狭骨盤て言われてんだから簡単に出るわけない。

 

 

そうこうしてるうちに、バツン!と会陰切開された。

 

痛い〜〜😭😭😭

 

半泣きである。

 

 

なかなか出ないのでもう1人助っ人が来ていきみに合わせてお腹を押してくれた。

そっからは早かった。

 

もう声が出てしまった。

 

ああああ!!😫😫😫

 

そして赤ちゃんが出たのがわかった。

 

ふぎゃあふぎゃあと声が聞こえて、胸の上に乗せてくれた。

 

ああ〜〜😭😭😭と思わず声が漏れた。

 

 

やっと終わったって気持ちと、無事に出て来てよかったって言う安堵感。

 

 

助産師さんがやっぱりへその緒巻いてたね〜〜と言ってた。

 

 

分娩台に上がってから30分くらいのこと。14時32分出産。

 

こうして長きに渡る妊娠生活の幕が降りたのであった。

 

 

胎盤の処置、会陰切開の縫合をされる。 麻酔がちょっと痛かったけど陣痛後なので感覚がマヒしていた。

膣内も少し切れていたみたいでそこは麻酔が効かないからゴメンねーと言われながら処置される。

 

帝王切開予定だったので執刀する予定だった院長先生も来て、おめでとう自然分娩できてよかったね!と言ってもらえた。

 

 

最後に肩に注射。抗生剤だったかな?

注射打つ前に、痛いよー薬入る時もっと痛いよー!と言われて顔を繕う余裕がなかったからしかめ面をしてたら助産師さんにカワイイ〜〜とからかわれた。笑

 

最後にホチキスで終了。

 

車椅子で病室に。夫が待っていた。

全身が痛い。股関節やら会陰切開のところ。膝が、手が、ガクガク震えていた。

 

 

ベッドに寝かされて血圧など測る。

心臓がばくばくしている。

 

 

血圧を3回測り直してもまだ高かったらしく、降圧剤?の点滴と心電図?と血圧計がいっしょになったような機械を付けられる。

指先にもクリップが付いて、胸にもパッドが貼られた。

 

せっかく抜いた尿管カテーテルもまた入れたいと言われる。

 

ヤダー😫😫と抵抗するも、明日の朝まで安静にしてて欲しいからお願い!と言われる。

 

基本お医者様とか看護師さんの言うことに逆らわない私。

 

……ハイ…😢

 

と言うしかなかった。。。

 

ちゃんなさんなら妊娠中からずっと素直だったからきっとオッケーしてくれると思った!と助産師さん。逆らえないタイプなのがバレていた。。。

 

 

その後、18時に夕食が出たが、管だらけで食べた。

特に左の指先のクリップが邪魔で、食べにくかった。

 

 

その日私は安静だったので赤ちゃんと面会出来なかったけど、夫は抱っこしたみたい。

私が感想を聞く前からめちゃめちゃ可愛い😍と何回も言っていた。

 

 

普段の夫からは全く想像もつかない言葉に、ホッとして感動して、泣いてしまった。

妊娠中エコー写真を見せても反応が薄いから、子どもに興味ないのかなって心配してたけどそんなこと全然なかった。

 

 

私のことなんてほとんど褒めたことない(!)くらいなのに、子どものことはめちゃくちゃ可愛いって…

 

とにかくその言葉に安心した。

 

 

 

その日夕食後からは検温と血圧を測るだけで他に何もすることがなく、管だらけのまま、熟睡もできず朝まで過ごしたのであった。。。